中学受験の算数の対策をする時に結構重要なことが数字に慣れることです。算数は大体の問題が計算などをして数字で答えるものです。ですから、算数の対策をする場合は数字に慣れるようにするのが中学受験のやり方です。故に、数字に慣れていくために勉強をしていくようにしましょう。

この数字に慣れるという段階は最初にしないといけませんので、ある程度算数の勉強や中学受験の勉強をしている場合は数字に慣れるという段階はもう終わっていないといけないので注意です。それでも算数が苦手な原因として数字に慣れていないという場合がありますので、まずはそこから勉強をしていくと良いかもしれません。

数字に慣れるためには数字を使うことです。中学受験に関わらず、数字は日常的にどこでもあります。ですから、その数字を見ていくことを心掛けましょう。そして、基本中の基本である数字を覚えることをしてください。そして日常的な数字に慣れることができたら計算なりの勉強をしていくことがあります。間違っても数字を覚えていないのに中学受験の算数をするということはしないようにしてください。もう一度言いますが、基本中の基本の行動ですから、それが出来ないなら中学受験に合格はまず難しいでしょう。