算数も数学ほど計算があるわけではないですが、それでも簡単な計算をしないといけません。計算関係はやればある程度覚えます。特に苦労しているところは問題をやり続ければ覚えるには覚えますが、やり方に注意です。

中学受験のため算数の勉強をする時に、計算を沢山こなしていく人がいます。それは確かに良いことはありますが、やり方に注意しましょう。主にできている問題をする必要はありません。そして、間違っている問題はどうして間違っているかを必ず確認するようにしてください。これは算数の科目以外にも言えることですが、しっかりと「問題を解き直す」ようにしてください。わからないところをそのまま放置したまま算数の計算をし続けても全く意味がありません。

また、簡単な問題も息抜きの時にするなら良いですが、通常の中学受験のための勉強で覚えていることはする必要はありません。しっかりと出来ない問題に取り組みつつ、間違ったところはどこが間違ったかを理解して計算を行うようにしてください。そのようにして頑張って中学受験のため勉強をするようにしましょう。それをうまくこなしていけば中学受験以外の受験でも数字に強くなることができます。ちなみに、同じような問題をいくつもするのではなく、違う算数の問題をしていくことをおすすめします。