算数の問題を解く時に、必ずと言って良いほど文章問題があります。実際これを理解しないまま問題を解くことは出来ないのでその点に注意して中学受験の算数の問題を解くようにしましょう。

算数はただ数字が羅列しているものではないです。必ずしないといけないルールが文章として書かれています。それが読み解けないと正しい問題の答えを出すことができません。特に中学受験の算数となると、算数の問題なのに文章が長いものがあり、それが理解できないとまず答えることが出来ないので注意しましょう。故に、国語の勉強の方もしっかりとするようにしてください。

ある程度中学受験の問題をこなしていけば、文章を読まなくてもわかるという問題は出てきます。しかし、応用の必要な問題になればなるほど文章が長くなりがちです。特に図形問題などは文章が長文となることがありますので、その対応ができるようにしてください。計算や数字の使い方を知っていても、どのように解かないといけないかを理解していないと中学受験に合格は出来ませんので注意です。そのため、算数の問題に取り組むのと同時に国語の問題をしていく必要もありますので両科目の勉強をするようにしてください。ちなみに、問題によっては漢字で書かれているのでそれを読めないとわからないことがありますので注意です。ですが、中学受験ですのである程度はひらがなです。