中学受験のために算数の問題を沢山やることは良いことです。うまく算数の勉強をすることで中学受験に合格できるだけの実力を付けることができるかもしれません。しかし、ただ中学受験のために算数の勉強をするのではダメなので注意です。しっかりと考えて勉強をしないといけません。

主に算数をする場合は答えばかりを見ないようにしましょう。答えだけでなく過程の計算などをしっかりと理解していないと本当の意味で勉強をしているとは言えません。特に算数の場合は答えまでの道のりが必ずと言っていいほどありますので、それを理解していないと中学受験に合格するのも難しくなります。つまり、ただ算数の勉強をするのではなくそれまでの経緯を理解してください。ちなみに、間違った問題の場合はどうして間違ったのかを理解しないといけません。

中学受験の算数に慣れるために沢山の問題をこなすのは良いのですが、同じような問題ばかりしても意味が無いので注意です。もちろん、計算などに慣れるために少し数値を変えるというのは良いですが、完全に理解している問題を何回もすることこそ無駄なことはないので、自分が中学受験に合格をするためにも、まだ理解していない問題を沢山解くようにしましょう。