算数は考え方が結構重要になります。答えを出すためにどのようなものを使用する必要があるかを考えて中学受験の算数の問題を解くようにしましょう。場合によっては柔軟な発想力が算数に良いです。

算数の問題を解く時に、実はショートカットができる場合があります。すべての計算でできるわけではないですが、それをすることで簡単に問題を解くことが出来ます。このように、考え方を変えるやり方で勉強をすると中学受験に合格できるかもしれません。ただし、このような基本とは異なるやり方は間違えやすいので注意です。特に、中学受験の基礎がしっかりとできていない受験生にはそのようなやり方は教えないようにしましょう。変な癖が出来てしまうことがあり、後々大変なことになる場合があります。故に、教える人はよく考えて中学受験の勉強をさせないといけません。

考え方は、算数以外の科目や問題にも使うことができるので、考え方を育てることは良いことです。結果的に勉強のやり方をうまくできるようになりますので、様々な考え方ができる方が良いでしょう。中学受験合格のためにも、柔軟な考え方ができるようになった方が良いです。ちなみに、柔軟な発想ができれば面接や予期せぬ出来事に対応することが出来ます。