中学受験をする上で、過去の中学受験の問題をすることは良いことです。特に算数の場合は、これをすることで問題に慣れることができるのでぜひやってみることをおすすめします。ただし、過去問題はあくまでも過去問題でしか無いです。実際にその問題が出るかというとほぼそのようなことは無いと思って問題を解くようにしましょう。出ない問題をやってもと思うかもしれませんが、算数の中学受験の問題は問題に慣れればできるようになりますので、それをするためにも過去問題をさせるようにしてください。

過去問題は様々なものがありますので、取り敢えずやってみると良いでしょう。それこそ難しいものもあれば、長文で書かれている問題もあります。その長文で書かれている問題になれた方が良いので中学受験の対策をするならこの算数の問題をすることをおすすめします。簡単でそこまで多く文章がないようなものは、普通に勉強をすれば良い算数の問題です。

基本的に腕試しとしてやるのが良いです。ですから、中学受験まであまり時間が無く、算数の対策をしたいならこのような長文の問題を解けるようにしましょう。もちろん、簡単な問題を解けないといけませんし、長文は基礎が無いとやっていけないので注意です。それと間違った問題は必ず復習などをするようにしてください。