中学受験の算数の対策をするために沢山の問題を解くのが良いと考える人がいますが、それは一部間違いなので注意です。確かに沢山問題をすることで慣れたり、できなかった問題を解くことができるようになったりすることが出来ますが、注意して欲しいのが簡単な問題をいくらやっても意味が無いことです。中学受験をする上で出来ている問題を永遠にしているから時間が少なくなるということがあります。特に算数などは解き方が完全にわかっていて正解率がある程度あるならそこまでする必要はありません。強いてするなら復習程度に少しやる程度で良いです。

算数の中学受験問題を沢山することは良いことです。ですから、過去問題などはするようにしましょう。どのような問題が出てくるかなどを知ることができるのでやっておいた方が良いです。これに関しては沢山問題を解いた方が良いのですが、部分的にすることをおすすめします。慣れていない長文の問題や苦手分野は沢山やると良いです。しっかりと過程などを理解して問題を解くことで中学受験の算数をかなり問題なくこなすことが出来ます。

出来ない問題を沢山やるというやり方がありますが、これはしっかりと理解したうえで沢山するなら良いですが、理解していないのにただ算数の問題を解いていくのは意味が無いので注意です。中学受験に使えるだけの学力を付けるためにもその答えになった過程と答えがしっかりと合っていないとダメなので注意です。