算数が苦手な人は、算数がどのようなものかを理解していない人が結構多いです。ですから、中学受験の対策として算数の勉強をするならまずは算数を理解するようにしてください。基本的に算数は数字と式でできています。図形や文章などがありますが、基本的にはこの二つで出来ているのでそれを理解すれば中学受験の対策になります。あとは、パズルのようにどれを組み合わせれば答えを出すことができるかを考えていけばよいです。そのためにも必要なことをしっかりと理解すれば算数の問題を解くことが出来ます。

長文や図形の問題は、実際見えていることを書いていけば理解ができる場合があります。誰でも理解できるとは限りませんが、数字などを出すことで見えてくることがありますので、それを出して算数の問題を解くようにしましょう。特に中学受験の問題は、必要な数字と何を使えばよいかを見つけることができれば簡単に解を見つけることができるので、それを見つけられるようにしましょう。そのためにも中学受験の勉強をしたり、中学受験に慣れたりすればよいでしょう。そうすれば、自ずと算数を理解して問題を解くことが出来ます。1つずつわかれば答えを出すのが楽しくなり自ずと勉強意欲を上げることができるでしょう。