中学受験をする時に、大体の人が利用している問題集やドリルがあります。これを使って算数の勉強をすることでうまくいけば算数対策をすることができるのですが、やり方が悪いと学力はあまり多く上がりませんので注意です。

問題集やドリルですが、これは一人でできる勉強方法で、算数のものもあります。ですから、中学受験をする学生はこれらをすることになりますが、これの使い方に注意しましょう。基本は、問題を解いていけば良いのですがその後に注意です。ただ、問題集やドリルをするだけでは意味がありません。問題を解いて答えを合わせて答え方がどのように出たかをしっかりと確認してこそこれらの本領発揮をすることが出来ます。

特に注意して欲しいのが答えにたどり着く過程です。中学受験の算数の場合過程がしっかりと証明されていないと点数にならないことがありますので、しっかりと理解しないといけません。過程を理解することで算数を理解することもできるので、中学受験の対策に問題集などを使用するなら必ずこれをするようにしましょう。間違ってもただ問題を解いて答えが合っているかを確認するだけという状態にはならないようにしましょう。それでは中学受験に合格出来ない場合があります。場合によっては、答え合わせから誰かにみてもらうようにして、一緒に復習させるようにしたほうが良いでしょう。