中学受験の勉強ですが、算数も含めてある程度の知識があれば教えること自体は出来ます。そこで、親が算数の勉強を教えることがありますが、ここで幾つか注意がありますので、それを踏まえて中学受験の対策をするようにしてください。

算数を教える場合、必ず基本に合わせて教えるようにしましょう。ある程度知識があると算数であっても短縮してしまうことがあります。それを中学受験生に教えるというのはしないようにしましょう。算数を短縮して教えることは確かに後々必要にはなりますが、中学受験では短縮は返って良くないことがあります。場合によっては点数を減らす原因になることがありますので、基本を忠実に算数の勉強を教えるようにしましょう。間違っても小学生の段階で習っていないものを教えないようにしましょう。それをしてしまうと算数のケアレスミスをする要因となります。

他にも注意してほしいことが間違ったことを教えないことです。特に中学受験の問題で出てくる長文の問題は、正しく理解していないと間違える可能性が高いものです。ここで親が間違ったやり方で教えてしまうと癖になり、場合によってはこれからそれが原因で算数や数学がうまくいかないということがありますので注意です。