中学受験のために算数の一歩先教えることがありますが、これはよく考えて教えないといけません。その方法で算数が得意になる人もいますが、それが原因で算数を苦手になるということがありますので注意です。

中学受験をする上で予習は確かに必要なことですので、勉強をしたほうが良いです。次に何をするのかを早めに理解することで理解度を上げることができるでしょう。ただし、それは本当に今までの勉強を理解出来た場合に限ります。理解出来ていないのに一足飛びでやっても意味が無いです。そのような状態の場合はあくまでも次の予習程度に抑えるようにしましょう。新しいものを頭に入れすぎてわからなくなるくらいなら、一度予習を止めて理解をしたほうが良い場合もあります。あまり良くはありませんが、それで理解をすることができれば問題なく中学受験をすることが出来ます。

長期休みなどは基本的に予習を行わず、復習に全力で取り組むというやり方をするのも良いかもしれません。この休みでしっかりと理解できればよいですが、ダメな場合更にわからないことが増えていく事になりますので、よく考えて算数の勉強をするようにしてください。長期休みでどのように算数の中学受験の勉強をしていくかが鍵になりますので、しっかりと中学受験の対策をするようにしてください。